石破茂氏は首相になれない!首相にしてはいけない理由が反日すぎる

最近、石破茂議員の露出が目立ちますね。

ポスト安倍という事でいつも噂される存在ですからマスコミが話を聞きたいのでしょう。

。。。いや、違いますね。

自民党でありながら、安倍批判をずっと繰り返すので「安倍批判の貴重な存在」としてマスコミが喜んで出演依頼をしているに過ぎないと思います。

でも、私は彼の発言から絶対に石破茂議員を首相にはしていけないと思います!

石破茂議員は何を語ったか

ジャーナリストの上島嘉郎氏によると、故渡部昇一先生が以前、石破茂議員が語った「反日」な発言を「will」という雑誌の中で指摘していたとのこと。

故渡部昇一先生が着目した石破茂議員が語った内容は次の通り。

・日韓合意に関して韓国側が納得するまで謝罪しろ!

東亜日報(韓国の電子版)のインタビューで。

「第二次世界大戦の時、日本の指導者達は、何も知らない国民を戦線に駆り出し、間違った戦争をした。だから私は靖国神社に参拝しない。

あの戦争は間違いだ。多くの国民は被害者だ。

日本には南京大虐殺を否定する人たちがいる。

30万人も殺されていないから南京大虐殺そのものが存在しないという。 

何人死んだかと大虐殺があったかは別問題。

また、日本には慰安婦について色々な見解があるが、日本軍が関与していた事は間違いない。

日本人が大東亜共栄圏の建設を主張した事は侵略戦争に対する一種の詭弁だ。日本は中国に謝罪するべきだ。

世界新聞報(中国共産党系新聞)のインタビューで。
石破茂議員が現職の防衛大臣だった頃の発言。

産経新聞が、発言の真意を聞きに行ったら。。。

お互いが納得するまで努力しろとは言ったが、謝罪しろとは言ってない。

との回答。

そこで産経新聞が、「ならば抗議しないのか?」ときくと次のような回答。

抗議はしない。

さらに、上島嘉郎氏によると「will」が、これらの発言はもしかしたら中国系、韓国系の新聞のインタビューだったため、特に中国に於いては「メディアの自由」は無いわけだから、中国の意図が入っていて、「石破茂議員の発言を捻じ曲げられて報じたのかもしれない、またもしかしたら訳が間違っているのでは?」と思い、石破事務所に質問をしたら、なんと次のような回答。

翻訳の問題はあるかもしれないけれど、概ねその通り。

え???

そして上島嘉郎氏自身も、当時「正論」という雑誌で編集部にいたので「石破茂氏の本心を聞く企画」を立てたとの事。

そしてその中で、石破さんは。。。

一言一言を抜き出した形で緋弾しても仕方ないのでは?

と冷静に言っていたようです。

そしてなんと、靖国神社については防衛大臣をやる資格無い発言をしています。

靖国神社は「A級戦犯」が合祀されているから参拝しない!

命を懸けて戦った英霊、ここには日本人として一緒に戦った韓国人の英霊も祀られています!

しかも「A級戦犯」とか、あのインチキで単純にそれこそ「人種差別」をベースにした東京裁判という最低な裁判をまともに受け入れている姿勢が信じられません!

また、個人的に過去の戦争を思うのは勝手ですが、当時の英霊が「日本の為に尊い命を懸けた」事実は別の話です。

故渡部昇一先生が「will」では次のような事を伝えているようです。

ざっくり伝えると。。。

歴史家や、評論家の発言ならまだしも、「国会議員」の発言という事は非常に重い。

日本国の大臣なら中立はありえない!
日本を守ってもらわないとダメ。

また、重要な政治家であれば自分の本心とは違う事を伝えられているなら、違うと言わないとダメだ!

ただ、びっくりするのは、上島嘉郎氏によると、なんと、朝日新聞が出している「論座」という雑誌でも同じような内容を言っているらしく、中国側に配慮して話しているという事ではないわけです。

そもそも、そういう考えの方という事ですよね?

石破氏は首相はおろか、外務大臣も防衛大臣もなる資格なし!
石破氏が首相や外務大臣になったら、「謝り外交」が始まる!

日韓合意についても、「韓国側が納得するまで日本は謝ったほうがいい」と発言し、これも撤回するつもりは無いようです。

そんな中、お隣、韓国では親北派の文在虎大統領が誕生しました。

文在寅大統領はまさに、日韓合意を反故にしてやり直すと言っているわけで、正に現職の議員がこのような発言をしたら利用されるに決まってます。

日本の首相が、大臣が、国会議員が、「謝れ」と言っている。
「軍が関与」と言っている。

「南京大虐殺」はあったかもしれないと言っている。

それは、「本当だから」でしょ?

本当に違うなら、国会議員は普通は謝らないよね?

そう、韓国や中国が思うのも当たり前です。

ある意味、安倍首相が「不可逆的に」という言葉を使って日韓合意を結んだのは、今後、日本の国会議員の立場でありながら、反日的な「謝り外交」を展開しようとしている国会議員の行動も食い止める事に役立つのかもしれません。

私は本当は英霊のことを考えたら、また日本人として「精神的な根っこ」の部分を考えたら10億円を拠出した事には猛反対です!

ですが、悔しいけれど、納得できないけれど、皮肉ですが、先に書いた国賊議員の行動を制限するためにも、そして韓国側がいつまでも日本の謝罪を求めてきた時、「韓国は約束を守れない国」という印象を世界が持つため、ある意味「外交的には」効果的なのでしょうね。

まあ、そこを安倍首相は狙ったわけですが。。。
そこは評価できるのでしょう。。。
(英霊のこと、世界に誤解を与えた事実、海外に住んでいる日本の子供達がいじめられている事実を考えたら、他にやり方があったのでは?と思うわけですけど。。。)

とにかく、石破茂議員は「国を背負う」首相、要職は向いてません!

「防衛オタク」なのも。。。。「スパイ」だから?
日本の防衛技術、システムを知るために。。。

あの小沢一郎氏だって、昔は良い発言してましたよ。。
でも、故渡部昇一先生は、やはり彼についても衝撃の事実をお話されています。

一言一句は覚えていませんが、次のような内容の発言をされています。

小沢一郎氏の一族のお墓は日本には無いですよ。

韓国に行った際には石破茂議員とは比べ物にならないくらいの反日発言を行なっていますから、色々と想像としてしまいます。

極左などの人間は、時として「最右翼」に入り込んだりするものです。

これについてはいつか書きたいと思います。

最後にもう一度、石破茂は首相にはなってはいけない人です!

関連記事

劉暁波氏と絶縁の兄 劉暁光氏会見「海葬」は家族の意向?嘘だ!

野田聖子氏 再入閣はなぜなのか?でも絶対に首相にしてはいけない

平慶翔氏当選!上申書の筆跡鑑定中!下村博文は法廷で「受けて立つ」

トランプ大統領がマクロン夫人のスタイルを褒めたらダメ?セクハラ?

国連に民団が在日韓国人が日本で差別されてると報告!外国人参政権も

北朝鮮 朴槿恵氏批判「特大型国家テロ罪で極刑に処す」でも今なぜ?