22年目の告白の感想(ネタバレ無し)最初から引込まる。観るべき!

映画「22年目の告白ー私が殺人犯ですー」は、藤原竜也、そして伊藤英明のダブル主演のクライムサスペンス。

実は、韓国版の「殺人の告白」の日本リメイク版です。

私はあまり入念に調べて映画を観ないようにしてます。そのため、この映画についても事前に情報は仕入れずに映画館に足を運びました。

22年目の告白ー私が殺人犯ですー あらすじ

映画.comより。

藤原竜也と伊藤英明がダブル主演し、2012年の韓国映画「殺人の告白」を原作に描くクライムサスペンス。「ジョーカー・ゲーム」「SR サイタマノラッパー」の入江悠監督がメガホンをとり、22年前の連続殺人事件の犯人を名乗る男の「告白」が新たな事件を引き起こす様子を描き出す。1995年、同一犯による5件の連続殺人事件が日本中を震撼させた。犯人はいずれも被害者と親しい者に殺人の瞬間を見せつけており、殺害方法は背後からの絞殺、そして目撃者は殺さずに犯行の様子をメディアに証言させるという独自のルールに則って犯行を重ねていく。捜査を担当する刑事・牧村は犯人を逮捕寸前にまで追い詰めるが、犯人の罠にはまって上司を殺され、事件は未解決のまま時効を迎えてしまう。そして事件から22年後、犯人を名乗る男・曾根崎が執筆した殺人手記「私が殺人犯です」が出版される。曾根崎は出版記念会見にも姿を現し、マスコミ報道やSNSを通して一躍時の人となるが……。告白本を出版する美しき殺人犯・曾根崎役を藤原が、事件発生時から曾根崎を追い続ける刑事・牧村役を伊藤がそれぞれ演じる。

この映画は、韓国で非常に話題になり、日本で映画になることを受け、小説版として浜口倫太郎氏が書き下ろしたもの。

22年目の告白ー私が殺人犯ですー  感想

一言、期待してた以上!観る価値ありです!

私は95点かな。 100点じゃない理由は後ほど。

普段、日本映画はあまり観ないのですが、本当に最初からグイグイと引き込まれ、ラストまで全く飽きませんでした。

テンポ感もGOOD!

また良くも悪くも割とキツイ描写もあり、ハラハラドキドキすることで一層、映画に集中する感じでした。

伊藤英明が燻し銀の演技でした。
こんなに良い俳優だったのね。。。と。

藤原竜也に関しては、当然良い俳優ですが、予想通りといった感じで、特に意外性は無かったかな。。。

前半で、事件の経緯を辿るのですが、そこの映像が「古くて」良かった。

ああいうザラついた映像の方が、こういったサスペンス、ミステリーには良いと思いますね。

この前半の部分の編集も「魅せてくれました」。

「大ドン出返し」が良い!

「時効」が無くなって本当に良かったと心から思う。

「時効」について、wikipediaから一部抜粋してみました。

日本でも殺人事件などの重大犯罪において時効が存在することに対し、その是非を問う世論が起こり、2010年(平成22年)4月27日に公布・施行された改正刑事訴訟法により「人を死亡させた罪であつて死刑に当たる罪」については公訴時効が廃止され、その他の罪についても時効期間が改正された。ただ、DNA型万能主義的な議論には、DNA標本が犯罪と無関係に付着した可能性などからの批判も強い。

日本でも悲惨な事件が続く昨今。

「被害者の人権」よりも「加害者の人権」が重要とされている事に不信感を持つ人々もいます。

そして、「被害者が一人なら極刑は免れる」という法律についても、色々と議論が巻き起こります。

「人数の問題なのか? 人の命を奪うのに人数は関係ないだろう!」と。

この映画では、遺族達が22年もの間それぞれ苦悩を抱えて生きてきたという事が深いテーマとして、根底にあり、夏帆さんのある短い場面での演技、そして「時効が成立」した時の刑事達の無念さが伝わり、「本当に悔しいだろうな」と涙がジワっと出てきました。

そして、実際の事件で「未解決事件」と言われるものに関わった刑事達は、この映画以上に悔しいんだろうな。。。とフッと考えました。

そういえば、隣の女性も同じところで涙を拭ってましたね。

時効なんて本当に不要だと思いますね。

映画中盤はいろんな展開があり、緊迫した雰囲気も良かった。。。

「予告編」も一切観ないで行ったので、変な先入観が無く、十分にこの映画を楽しめました。

ちょっと惜しいと思ったところ。

いや、実は100点だったのですが、ちょっと「?」と思ったところがあったので、辛口にしました。

  • ラストに近くにつれ、「あ〜多分こうだよね〜」とに分かったことが勿体無かった。十分に複雑だけれど、もう少し引っ張って欲しかったかな。。。結論まで。
    「なぜだ?」「誰だ?」ともっともっと悶々とする時間が欲しかった。
  • ある点に違和感を抱きました。それは殺人犯が告白本を出したあと、その殺人犯を「かっこいい!」などと言って、あそこまでキャーキャー「大ぴらに」騒がないだろうと。。。しかも女性が。 そこが「え?日本人にこんな感覚あるかな?」と。 そもそも、バンバンとその告白本を買わないでしょ。と そう「大ぴらに」です。
    (帰宅後、予告編を観て、このシーンが既に放映されているので書きました。また、韓国の映画が原作だったことは、帰宅後知りました)
  • 「動機の不自然さ」かな、ちょっと無理があるような?
  • 全てが明らかになった時の世間の反応が知りたかった!

ネタバレになりそうなので、本当に色々と書けないのが辛い!

まあ、この3点を差し引いても、見応え十分の映画です。

私は、明日、韓国版の「殺人の告白」をレンタルしてみようかと。

「遺族の思い」、そういうものを深く知ると共に、猟奇的な殺人が起こる背景の一つを知る事、そして、それは決して「特殊な人間だけが持つ感覚」じゃないと私個人は映画を観ながら思いました。

とにかく、細かい説明は不要!

是非、映画館へ!

さて、今回の記事はいかがでしたか?
では最後に、今日も大きく深呼吸してリラックスを!

関連記事

ダン・スティーヴンス美女と野獣のイケメン俳優が王様のブランチに!

ダン・スティーヴンスは結婚してる?美女と野獣の歌声は?声優も?

「軍艦島」(映画)韓国で7月26日公開!朝鮮徴用工は悲惨だった?

3画面スクリーン・エックス映画館がお台場に!どこが開発?

鈴木紗理奈 「キセキの葉書」(実話)で主演女優賞!どんな演技?

「軍艦島」反日捏造映画がアメリカで8月公開。日本人が嫌われる!